ジーライオンミュージアム

2015-06-12

こんにちは。
今日は楽しそうなニュースを見つけたので紹介します。

輸入車や国産車のディーラーであり、中古車の買取・販売で知られるGLION(ジーライオン)が、大阪市港区海岸通にある「築港赤レンガ倉庫」をリノベーションし、クラシックカーミュージアム「GLION MUSEUM(ジーライオンミュージアム)」を明日、6月13日にオープンさせるとのことです。
6月9日に報道者向けの内覧会が行われていたそうで、「ハドソン リムジン」「ロールスロイス シルバーレイス」といった高級クラシックカーや、生産台数がとても少なく「伝説の名車」と呼ばれている「トヨタ・2000GT」を実際走行する姿などが披露されていたとのことでした。

このミュージアムが作られた「大阪築港赤レンガ倉庫」とは、1923年10月に住友倉庫によって建設されたもので、大阪では数少ないレンガ建築です。
倉庫としての役目を終え、1999年には住友倉庫から大阪市に移管され、有効利用を模索していたそうです。
そこで今回、ジーライオングループが歴史的建造物と歴史的価値のあるクラシックカーとのコラボで、赤レンガ倉庫を甦らせようとリノベーションを計画したとのことでした。
歴史ある赤レンガ倉庫とクラシックカーのコラボはとてもかっこよく、クラシックカーマニアでなくともその迫力に圧倒されること間違いないでしょう。
私も時間を見つけて絶対に行きたいと思っています。
場所は大阪の海遊館の近くだそうなので、遠方の方も観光しやすい場所なのが良いですね。

また、クラシックカーミュージアムと併設されるレストラン「ジーライオン ステーキハウス」は今年4月に先行オープンしていたそうです。
こちらのレストランはハワイの老舗ステーキハウス「HY’S(ハイズ)」の姉妹店として誕生しました。
時間を忘れて1900年代前半にタイムスリップした様な「異空間」をコンセプトとし、シックな店内ではピアノライブも楽しむことができ、古きものと新しいものの「融合」、ヨーロッパの趣とアメリカのスタイリッシュさの「融合」をテーマにしたお店作りをこだわっているそうです。
クラシックカーミュージアムと合わせてぜひこちらのレストランも行ってみたいですね。
お誕生日や結婚記念日など、特別な日にぴったりのお店だと思います。

このページの上へ
お見積もりはコチラ
Copyright(c) 2014 レポラボ All Rights Reserved.
Top