専門学校てなぁに?

2014-11-14

こんにちは。
本日は、専門学校てどんなところだろう?というところをお話ししたいと思います。

高校入学時に、先を見据えてこれからの高校生活を考えたり、2学年時に内申などと見比べて悩むこともあるかと思います。

進むべくは専門学校と初めから決めていても、でも大学を出ていた方が良いのではないか、、、など、再度悩んだり。

専門学校は、その名の通り、専門の技術・知識を習得するための学校です。
つまり、その技術・知識を習得する時期が、早い方が良いのか、遅くても(もしくは後回しでも)良いのか、はその人ごとの人生プランによって異なって来ます。

一例として、花卉業界についてお話しすると、2年制の専門課程では高卒からの入学者が多く、1年制では社会人を経てからの入学が多いです。
また、花卉業界(特にショップ勤務)は、現場で直接技術を学ぶことも可能であるので、職場では専門学校を出てる人はほんの一部、だったりします。
もちろん、専門学校卒で入社した際、接客業務につくにあたって、自分の蓄えた知識があるので、お客様へ対しての不安感の軽減、作業効率UPの方法がわかる、などメリットがあります。技術面でも、すぐ現場で活躍できるように下積みを学校でしているので、他の新人従業員とは差をつけることができると思います。

あなたが、自分のやりたいことをしっかりと見据えた時に、専門学校に進むタイミングは、いつでしょうか。

高校後すぐ!、、なのか?
大学を出て、他社に入社したあと、再度やりたくなってから、、でもいいかもしれません。
じっくり考えましょう。それこそ、周りの大人達にも意見を求めましょう。
思っていたものと違う回答がきても、受け止め、自分の思いと照らせ合わせましょう。

専門学校は、高校の延長で来ている人達も多いです。強い意志を持って入学しない限り、周りに引っ張られます。
そして授業が大変かつまらなくなり、途中で辞めてしまう人、その分野の仕事についてもすぐ辞めてしまう人が多いのも実情です。

専門学校は、専門の技術・知識を習得する場所です。そこに注ぐ、1年、2年は年齢に関わらず、集中して、関心をもって過ごすことをお勧めします。

進路に迷われている、高校生、大学生の方。
転職を考えていらっしゃる社会人の方。
自分の大切な時間をかける価値があるか?
今一度、見つめ直すきっかけになればと思います。

このページの上へ
お見積もりはコチラ
Copyright(c) 2014 レポラボ All Rights Reserved.
Top