納品された論文はどうやって使えばいいの?

2017-08-26

私たちが納品する原稿は、依頼主様の課題に対する回答の一例となります。必ずしも依頼主様や第三者が考える答えと一致するとは限りません。
しかしながら、回答の一例をもとに依頼主様がご自身で研究や調査を行う上で、弊社の納品物は大きな一歩となります。
私たちが想定する正しい使用法をお伝えします。弊社からの納品物は、ご自身で一から回答を作成する上での参考資料やヒントとしてお使いください。

1納品物全体を読んで、どのように質問に対して答えられているか理解を進めます。
2段落ごとに再度読み込み、適宜メモやチェックをつけます。
3依頼主様自身の研究記録や資料などももとに、議論や考察を深めます。
4執筆者が使用した参考文献にも目を通し、関連性のある資料をさらに見つけて調査を進めます。
5最終的に、依頼主様自身で書かれた原稿がオリジナルで、ご自身のアイデアや視点によって作成されているものであることを確認します。

こういった作業を進めるには、時間や労力も当然かかります。ですが、こういった過程を踏まえることで、ご自身の課題をより深いレベルで認識し、課題を解決することにつながります。

このページの上へ
お見積もりはコチラ
Copyright(c) 2014 レポラボ All Rights Reserved.
Top