SNSをテーマにした卒業論文

2016-09-24

こんにちは!今回は、SNS(ソーシャルネットワークサービス)をテーマにした卒業論文についてお話しします。
昨今、フェイスブックやツイッター、ミクシィなどといったSNSが日本中で広まっています。
学生など、若い世代では「利用していない人の方が少ないのでは?」とさえ思ってしまうほどですよね。

今でこそ当たり前のように多くの人が利用しているSNSですが、SNSが日本で広がり始めたのはここ10年くらいのことなのです。あなたはこの急激な進化をご存じでしたか?
インターネットの普及とともに急激に進化を遂げたSNSは、現代社会の象徴ともいえます。
ですので、情報系の学部でなくとも、SNSを卒業論文のテーマにする学生は多くいらっしゃることと思います。

さて、卒業論文のテーマをSNSとするならば、どのような内容が考えられるでしょうか。
あなたの学部が文系か理系かによっても内容は変わってくるのですが、どちらでも使えそうなキーワードをいくつか挙げてみますね。

・SNSを利用した友人とのコミュニケーション
・SNSを利用することによって発生するメリット・デメリット
・SNSがない時代、SNSの代わりとして何が利用されていたのか
・SNSを利用した海外とのコミュニケーション
・SNSを利用した広告の宣伝効果
・SNSの「炎上」について

また、SNSはとても便利なものですが、使い方を間違えれば、たちまちとても危険なものへと変化してしまいます。
友人や家族だけでなく、顔の見えない、見知らぬ相手ともコミュニケーションを取ることもできるので、そのような相手とコミュニケーションを取るときは慎重にすべきです。
しかし、少し大げさかもしれませんが、使い方を間違えなければこれほど便利なものは今の世の中にはないとさえ私は思います。
ボタン一つで一つの出来事を仲間内で共有したり、卒業して以来離れ離れだった同級生が数年ぶりに再会したり、気軽に海外に住んでいる人ともコミュニケ―ションを取ったりすることができるのですから。
上記に述べたようなことは、電話や手紙、FAXなどしか連絡手段がなかった、SNSが普及する前の時代には全く考えられなかった未来でしょう。
あなたも、SNSが持つ色々な側面を考えてみてください。
すると、疑問に思うことや面白いな、と思うこと、たくさん頭に思い浮かんでくると思います。
きっとその中に、あなたの未来の卒業論文のテーマとなるキーワードが存在するはずです。

このページの上へ
お見積もりはコチラ
Copyright(c) 2014 レポラボ All Rights Reserved.
Top