通信制レポート課題のコツ

2014-09-23

卒論代行・レポート代行のレポラボです。

本日は通信制のレポート課題の模範解答作成を依頼頂きました。通信制の課題の場合、テキストがしっかり作りこまれているため、基本的にはテキストの内容を理解し、自分自身の言葉でレポートを書ければ、評価を得られる場合が多いです。しかしながら、テキストには答えをすべて書かないで、自分で調べたり文献にあたることを前提に作られている部分も当然あります。

と言いますのも、テキストを丸写しで解けるようなレポート課題なら、そもそも出題する意味がないからです。そのため、レポート課題の中には難題が含まれていたり、「テキストをどれだけ読んでも答えが思い浮かばない」ということが起こります。

その際には、まずは問題のキーワードや、わからない単語をネットで検索してみて、全体像を把握することにつとめましょう。問題の全体像が見えれば、次は何を調べればいいのか、また、テキストのどこをみればいいのかがわかります。さらに、テキストの後ろの方には「索引」がもうけられていることも多いです。ここを有効に活用することで、レポート課題に取り組む時間も短縮できます。

このページの上へ
お見積もりはコチラ
Copyright(c) 2014 レポラボ All Rights Reserved.
Top