論文代行サンプル:公害と地球環境問題

2014-10-18

こんばんは。論文代行のレポラボです。今日は代行サンプルとして、公害と地球環境問題を取り上げます。

公害とは、人口増加、都市化などによって、エネルギーや資源の消費が増大することで環境中への排出物が増加し、広い範囲にわたりヒトへの健康被害あるいは生活環境汚染が生じることをいう。日本における公害問題としては、工場、火力発電所、自動車排気ガスなどによる大気汚染、水質汚濁、土壌汚染、騒音、地盤沈下などがある。先述した水俣病やイタイイタイ病の他にも、慢性ヒ素中毒や、石油コンビナートから排出される二酸化硫黄などを多量に含んだ有害ガスが原因で四日市喘息が起こった。現在では、環境省が「廃棄物の処理および清掃に関する法律」を所管して対応している。

地球規模の環境問題に目を向けると、加速度的な文明の発達によって地球上の人々は大量に物質を消費し、あるいはこれまで地球上に存在しなかった物質を大量に作り出すことで地球規模の規模にも深刻な影響を及ぼしつつある。具体的には、地球温暖化・酸性雨・オゾン層の破壊・砂漠化・海洋汚染が挙げられる。

地球温暖化は、二酸化炭素、メタンやフロンなどの温室効果ガスが大量に排出されるようになった結果、地球全体の平均気温や海面水位が上昇した現象である。地球温暖化防止のため、1997年に京都議定書が採択された。

酸性雨は、大気汚染物質である硫黄酸化物や窒素酸化物が雨水に溶解して降り注ぐ雨のことである。酸性雨によって、土壌が酸性になり、樹木の衰退や湖沼の酸性化が問題となっている。

オゾン層の破壊によって、地表に到達する有害紫外線が増加することで、皮膚がんや白内障などの増加が懸念されている。そして、フロン回収・破壊が義務付けられた。

砂漠化は、過放牧、過耕作が原因で起こり、貧困や人口増大、食糧不足が問題に背景がある。

海洋汚染は、汚染物質の海洋投棄や船舶からの油や有害物質の流出、海底油田の開発などに伴って起こる。日本は海洋汚染防止のために、廃棄物などの投機による海洋汚染防止に関するロンドン条約を批准している。

いかがでしょうか?800字程度のレポートであれば、上記のように事実を積み重ねていって、特に自分自身の意見をいれなくても作成することができます。レポートの完成象が見えなかったとしても、書けるところから書いていくと、少しずつまとまり、レポートとしての提出基準も満たせる場合があります。

 

 

このページの上へ
お見積もりはコチラ
Copyright(c) 2014 レポラボ All Rights Reserved.
Top