一般的な論文代行業者とレポラボの違い

論文代行業者といってもどこも同じというわけではありません。
考え方によって全く変わります。
レポラボと一般的な代行業者との違いを参考までにご覧ください。

レポラボの場合 一般的な業者の場合
1.依頼主様への返信速度 数分から1時間以内 早くて24時間以内
2.電話相談 平日9時から18時 電話番号の記載がないか、つながらない場合も
3.対面相談 可能 ほとんど不可能
4.遠方で対面相談ができない場合のフォロー スカイプにて対面相談を実施 ほとんど不可能
5.修正や追加の依頼は可能か 納品から三日以内であれば無料修正可能。三日以上の場合は有料になる場合も ほとんど不可能(電話や対面が不可能な場合)
6.中間原稿の有無 短納期でなければ可能 業者による
7.運営者や執筆者の写真やプロフィールの公開 あり ほとんどなし

補足事項

  • 1.深夜や早朝以外の時間帯は常にメール対応専任のスタッフがいるので返信は数分から1時間以内が基本ですが、相談される内容によってはお時間を頂くことがあります。また、パソコンからの受信を拒否されていたり、迷惑メールに振り分けられたりした場合にはメールが届かない場合があるので、ご留意の程お願い申し上げます。
  • 2.相談内容に対して、電話担当者が専門分野でない場合はお手数をかけますが、メールにて相談事項をお伝え頂いております。
  • 3.弊社での対面相談はできる限りご要望に合わせておりますが、納期までお時間の確保が難しい場合や、面談の日程が混み合っている場合には、日程を調整頂くことがあります。
  • 4.スカイプでの打ち合わせをご希望の方はスカイプIDをお伝え頂くようお願い申し上げます。
  • 5.納品から3日以内であれば、一度のみ無料修正を承ります。それ以降になると、個人情報保護の観点から、納品物や資料を破棄するため、修正の対応ができない場合や、追加で費用が発生する場合があります。
  • 6.中間原稿の納品が可能なのは、目安として10ページ以上で、納期がお振込みいただいてから8日以上お時間を頂ける場合になります。分量が短い場合、全体の半分程度の字数だと全体像が伝わらない恐れがあります。また、納期が短い場合、中間原稿をご確認いただいている間執筆を進められず、最終的な納期に間に合わなくなる恐れがあります。
  • 7.弊社では運営チームや執筆者のプロフィールをできる限り公開しておりますが、中には特定の分野の研究における第一人者もおります。そういった者の場合、「個人情報を一切外に出さない」という条件でしか契約を結ぶことができません。そのため、プロフィール欄には公開されていない執筆者もいる点をご了承願います。
このページの上へ
お見積もりはコチラ
Copyright(c) 2014 レポラボ All Rights Reserved.
Top